New Balance × Cluster 7週連続特別企画:Vol.2 斎藤悟(アーバンリサーチ プレスマネージャー)

by Mastered編集部

先週からスタートを切った、ニューバランスとClusterの特別コラボレート企画。現在アメリカ国内でのみ行われている「US574」パーソナルカスタムサービスを、ニューバランス ジャパン全面協力のもと特別に利用し、日本のファッション界をリードする7名に自分の好きなカラーの一足を作ってもらおうという、スニーカーファンならずとも要注目の短期集中連載であります。

そして。第二回となる今回ご登場いただくのは、人気セレクトショップ、アーバンリサーチのプレスを総括する斎藤悟氏。スタイリッシュな配色に仕上がったUS574に隠された意図、そして甘酸っぱい(?)学生時代の思い出から現在の気分、これからのことに至るまで、大いに語っていただきました。それでは、どうぞお楽しみください!

→Vol.1 草野健一(ビームス プラス ディレクター)編はこちらから
→Vol.3 川口大輔(メタファー デザイナー)編はこちらから
→Vol.4 栗野宏文(ユナイテッド アローズ 上級顧問・クリエイティブアドバイザー)編はこちらから
Vol.5 江川芳文(ヘクティク ディレクター)編 9月12日(月)更新予定

写真:鳥居 洋介

US574 by Satoru Saito (Urban Research)




面積のほとんどをブラックでまとめながら、ヒールにピンクを差し色として用いた、これぞパーソナルカスタムといった趣のUS574。「本当に今自分が履きたい一足」という自信作に込められた思いとは!?

インタビュー

— まず、ニューバランスとの出会いについて教えてください。

斎藤:はじめて履いたのは、高校生のときですね。体育用のシューズって中学生までは決められたものしか履くことができなかったんですけど、高校からは自分で選べるようになるじゃないですか。それで、体育用に買おうと思って選んだのがニューバランスでした。M576のコードバンカラーなんかを履いていましたね。あのモデルは当時、すごく履いている人が多かったと思います。僕、みんなが履いているものが好きなんですよ(笑)。

— なんとも贅沢な体育用シューズですね(笑)。

斎藤:当時よく行くシューズ店があって、そこで買ったんですよね。これはもう体育で履こう、と。普段学校にいくときは、クラークスのデザートブーツやコンバースのオールスターなんかを履いたりしていました。

— なるほど。では、スポーツシューズとしてニューバランスを履きはじめた、という感じなのですね。

斎藤:いや、確かに用途としては体育用なんですけど、見た目っていうのが大きかったです。だって、女子の目もあるし、体育のときの足元だって気を抜けないじゃないですか(笑)。なので、「体育の時間もおしゃれな靴を履きたい」っていうのが本当のところですね。

— では、どんなことをきっかけに、体育の時間以外にもニューバランスのシューズをコーディネートに取り入れ始めたのでしょうか?

斎藤:なんというか、それまで僕の考えていたアメリカもののスニーカーって、それこそコンバースとかそういうものだったんですけど、ふとニューバランスを短パンで履いたらかわいいな、なんてことを思って。なんとなく、スポーツミックス的なスタイルが気になりはじめていたんですよ。元々「おもいっきりスポーツ」とか「おもいっきり古着」みたいな感じが苦手だったので、その中間ぐらいのファッションがあったら良いなと感じていて。それこそ、セレクトショップ的な考え方と言いますか。
それで、そもそもは体育用として購入したものの、だんだんファッションとして昇華できるようになって、結果今までいろいろな品番を履いてきました。

11年くらい前、まだ今の会社に入りたてで販売員をやっていたころも、ニューバランスは良く履いていましたね。その頃は、細いパンツに合わせたりしてました。
今もうちの販売スタッフは結構みんな履いていますよ。一日でパッと全員の写真を撮ったら、100人くらいは履いていると思いますね。なんせ結構な型数も取り扱っていますし、別注もよくやらせてもらっているので、みんな持っていますから。

— 一番好きな、もしくはとくに思い入れのある品番はありますか?

斎藤:今はちょっと持っていないんですが、やっぱりM1300ですね。あのグレーは本当に鉄板だと思います。
僕は結構黒い靴が好きなんですけれど、ニューバランスだけはグレーのほうが好き。
あと、品番が3桁のモデルは高校生のときによく履いていたというのもあって、ここ何年かは1000番台のほうがしっくりきますね。今のファッションにも合わせやすいですし。程良くハイテク感もありながら行き過ぎていないし、シンプルな900番台のモデルも良いんですが、ちょっとランニングシューズぽくなりすぎてしまう気がするので、僕は1000番台の方が良いですね。

— 好みが分かれるところではあると思いますが、サイドの"N"マークは小さいものと大きなもの、どちらが好みですか?

斎藤:僕は小さい方が好きですね。昔は、大きな"N"のものばかりもっていたんですが、最近はM1500のように小さい"N"マークのもののほうが上品に履けるかな、と。ニューバランスは、上品に綺麗に履きたいんですよ。他の靴はボロボロでも格好良いと思ったりする場合もあるんですが、ニューバランスは別。革靴みたいに履きたいスニーカーですね。

— 現在は、どのようなスタイリングに合わせているんですか?

斎藤:ショーツに、ちょっと大きめなシャツで、気分は朝早くフレッドシーガルにコーヒーだけ飲みに来る人というか。LA感ですかね、合わせているのはNYヤンキースのキャップですけれど(笑)。細いパンツにあわせるのも良いなとも思っているんですが、今は、こういうラフな感じですね。
冬は、普通にディッキーズのパンツなんかに合わせています。最初からロールアップしているようなディテールのパンツで、あんまり丈が余らないようにしていますね。腰で履いて、という。最近は、冬でもショーツにレギンスを合わせて、上はツイードのジャケットを着たりしても面白いかなと思っています。スポーツミックスな感じですね。

— 今回のカスタムにおけるポイントをお聞きしたいのですが。

斎藤:真っ黒なニューバランスが欲しいなと考えたんですが、全部黒だと面白くないので、アウトドアのカラーリングパターンをイメージして。例えば、アッパーは真っ黒なんだけどソールは蛍光色、みたいな。ただ、このサービスではソールのカラーが白と黒からしか選べなかったので、ヒール部分を変えました。正面から見たときは真っ黒なんだけれど、歩くとチラチラとピンクが見える、というのもおもしろいかなと思って。
結果、今、自分が履くならコレ、今欲しいニューバランスはコレ、というものができました。ショーツに上品なカーディガンを合わせて、トータルコーディネートで提案したい一足ですね。革靴に合わせるようなイメージのコーディネートに、あえてこのUS574をあわせる感じで。

— 実際このサービスを使ってみた感想はいかがですか?

斎藤:いやぁ、なかなか配色が決められないですね。やっぱりテンションが上がってしまって(笑)。あと、もっとソールの色が選べたら最高ですね。

— 今後ニューバランスにはどんなことを望みますか?

斎藤:当然、M1300に関してはまた復刻をして欲しいですね。いろいろ履いても、結局みんな1300が欲しくなると思うんです。5年周期くらいで復刻してくれると嬉しいですね。
それから、M1700くらいのグレードのもので、もうちょっといろいろなカラーリングをインラインや別注で見せられた上で、もっと自分で選びたい人はカスタムサービスを利用する、そんな流れができると良いと思います。

プロフィール

斎藤悟(さいとう さとる)

76年横浜市生まれ。青春時代を大阪で過ごしたのち、アーバンリサーチに入社。現在は、プレスおよびマーケティング部門マネージャーを務める。

http://www.urban-research.com/

現在、ニューバランス ジャパンでは、オフィシャルFacebookファンページにて、”44 styles of newbalance”と題して、日本を代表する44人のクリエイターがニューバランスについて語ったインタビュー動画が公開中。
リレー方式で44人、毎日更新されるスペシャルコンテンツとなっていますので、こちらもあわせてチェックしてみてください!

ニューバランス ジャパン オフィシャルFacebookファンページ
http://www.facebook.com/newbalance.jp

ニューバランス ジャパン ホームページ
http://www.newbalance.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。