FUJI ROCK FESTIVAL ’17をまったり振り返る。~フジロック総括 2017 3日目 ~

by Marina Haga

野外フェスもそろそろラストスパートをかけるシーズン。今年も色々なフェスに行ったけれど、やっぱり僕らにとって特別だったのは、フジロックなのです。
実は、当初Masteredでは昨年図らずも大好評を博した『フジロックで偶然会った人SNAP』を今年も懲りずに実施予定だったのですが、既にご存じの通り、今年のフジロックはひどい雨でして……。という訳でスナップが全然撮れなかったので、急遽、着倒れ形式でやりまぁす!!!
今回FUJI ROCK FESTIVAL ’17をまったり振り返るメンバーは、「濡れない、汚れない、無理しない」をフジロックのモットーに掲げる編集長 三木、「ヒッピーとワールドミュージックのことは俺に聞け!」な"スーパーバイザー改めスーパーヒッピー" 編集 長谷部、「三度の飯よりフィールド・オブ・ヘブンが好きガール」こと編集 羽賀の計3名。
それでは早速ですが、皆様、今年のフジロックのことを、あれやこれやと思い出しながらご覧くださいませ。
※1日目編はこちらから 。
※2日目編はこちらから 。

1 / 11
ページ

Real Estate(リアル・エステート)

三木:いよいよ3日目ですね。皆さん、何時ごろからの出陣ですか?

長谷部:テントを張っていたところの近くにCHUMSのブースがあったんだけど、朝8時くらいに暑さで目が覚めたら、そのブースで既にラジオ体操が始まっててさ(笑)。その音がうるさくて、起きちゃったんだけど、なんかダラダラ過ごしちゃって。12時とかにでピラミッドガーデンに向かったら、SILENT POETSがDJをやってて、ようやくそこでスイッチが入った感じかな。

羽賀:私はグリーンでRon Sexsmithからスタートしました。ああいう心に寄り添ってくれるような、明るくない感じの曲は曇りの天気に最高に合いますね~。その後は、Real Estateを聴きにホワイトへ移動です。

三木:Real Estateはどうだったの?

羽賀:良かったんですが、心なしか音が小さかったですね。最前列のど真ん中で見てたんですが……。

三木:なにその感想(笑)。

長谷部:これ、すごく良さそうだなとは思ってたんだけどね。

羽賀:TEMPLESと同じくホステス・クラブ・ウィークエンダーで来てたので、何回か見たことがあったんですけど、個人的には初期の方が好みですね。今でもグループのナード感は健在で好きなんですが。

三木:総評としてはイマイチだったってことで良いの?

羽賀:いや、そんなことはないです。小雨のなか聴くReal Estateは癒し効果抜群のヒーリングミュージックでした。レッドマーキーでやると思ってたので、ホワイトで見れて嬉しかったですね。