『G-SHOCK 35th Anniversary World Premier NY』を見にニューヨーク マディソン・スクエア・ガーデンまで行ってきた

by Marina Haga

いよいよ今年4月に35周年を迎えるG-SHOCK。これを記念し先日、各モデル”35本”を抽選販売で、NIGO®氏とG-SHOCKの産みの親である伊部菊雄氏によるスペシャルコラボレーションモデル のニュースも解禁されたばかり。そんな記念すべきアニバーサリーを一足先に盛大に祝ったイベント『G-SHOCK 35th Anniversary World Premier NY』を見に、はるばるニューヨークまで行ってきました。

Photo:Hayato Takahashi、Text&Edit:Marina Haga

1 / 6
ページ

10月の下旬にいきなり告げられた一言。「2週間後にニューヨークに行ってきて」

しかも、送られてきた詳細は”11月9日 17時 マディソン・スクエア・ガーデン”というザックリとしたことのみ。

社会人になってから編集という仕事にどっぷり浸かってしまったせいでとにかく休みがなかったため、なんと海外は学生時代ぶり。ブランクもあり不安しかないまま日本を飛び立ち、1人ニューヨークへ行ってきました。

連載1回目の舞台同様、今回の舞台もアメリカ。ちょうど数日前にサマータイムが終わり、日本より一足先に冬に突入したばかりのニューヨーク。思わず”持ってく服を間違えた!?”と思うぐらい極寒の地(気温はマイナス)で行われたG-SHOCKの35周年イベントに参戦してきました。

会場はなんとコンサートやNBAの聖地、マディソン・スクエア・ガーデン(以下、MSG)。そんなカルチャーの殿堂が一体感に包まれた、華やかな一夜をレポートしていきます。

外壁までG-SHOCK一色。これには感動。