2016年春夏シーズン、きっと話題になりそうです。注目すべきブランド『WISLOM』がデビュー。

by Mastered編集部

「ドメブラ」ファンならずとも、業界的に注目すべきブランドがまた一つ産声を上げたようです。

wislom_mainファストファッションの流れも何時しか小康状態となり、市場的には付加価値のある商品を求める消費者も多くなったとの声を最近よく耳にします。時代は正に「HIGH & LOW」の両極化となりつつあるようです。とは言え、自分のように末端の仕事をしている身分では、「アベノミクス(死語)」の恩恵など実感することなく、相変わらず「MIDDLE」のポジションを突き進んでおります。よって、購入はもっぱらドメスティック・ブランドが主軸。なんて人も多いかと思いますが、そんな「ドメブラ」ファンならずとも、業界的に注目すべきブランドがまた一つ産声を上げたようです。


『WISLOM』(ウィズロム)と命名されたそのブランドは、数多のブランドで研鑽を積んできた『藤内裕司』(トウナイ・ヒロシ)というデザイナーが手掛けており、直近ではあの人気ブランド「MHL.」にて、企画・デザインから素材の開発まで、約7年にも亘り腕を奮ってきた人物ということも注目すべき点ですね。
デビューコレクションは、メンズ・レディース共にアウターのみ展開のプレコレクションとなるようです。デザイナーとしては十分すぎるキャリアながら、「実験的なLABブランド」を生業とし、唯一無二のプロダクトを提供して行く、というひた向きな姿勢にも共感しちゃいます。
ローンチは2016年の春夏シーズンからということなので販売までの期間は少々ありますが、久しぶりに話題となりそうな「ドメブラ」が誕生しそうです。
因みに、ブランドロゴや主要なアイコンに関しては、アートディレクターの「平林奈緒美」さんがデザインされているとの情報も個人的には見逃せません。
オフィシャルサイトとプロモーション・ムービーも公開されたので、気になる方は是非チェックを。

■OFFICIAL WEB SITE
http://wislom.jp

■CONTACT
STUDIO TRINITA
03-5414-5338
info@wislom.jp

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。