【今年のEYESCREAM.JP】EYESCREAM.JPの2015年を総決算! 大好評の特集から衝撃のニュースまで、全部まとめて振り返る!!

by Mastered編集部

2015年、最も多くのアクセスを集めたのは昨日、2015年度版もアップされたばかりの「Mastered的レコード大賞」。昨年と同じく、ぶっちぎりで首位を獲得した本企画は、EYESCREAM.JPと縁のある方々に1年で最も良く聴いた音源を3枚あげて頂く、独自のディスクレビュー企画となっています。

無題

2015年のアクセス数トップ10

第1位 あの人が選ぶ! Mastered的 2014年度 レコード大賞

第2位 池袋に「泊まれる本屋」が誕生。大注目のホステル『BOOK AND BED TOKYO』。

第3位 カンパニー松尾(AV監督) × ファーストサマーウイカ(アイドル)笑いあり、涙あり、顔射ありの大作『BiSキャノンボール』の裏側。

第4位 夏フェス特集『こんな夏フェスはイヤだ! 2015』 劔樹人のイラストと共に送る、夏フェス必携アイテムリスト。

第5位 編集部員の自腹買いアイテムを一挙公開! 2015年春夏着倒れ総括~そうさ、僕らはKIDAORISTA~

第6位 編集部員の自腹買いアイテムを一挙公開!2014年秋冬着倒れ総括~踊る阿呆に着る阿呆~

第7位 Dear Boys…BEAMS『THE PX』と共に綴る「僕らが今着たいモノ」。

第8位 6人のクリエイターと考える、「イケアのある生活」

第9位 池袋「泊まれる本屋」の全貌を初公開。『BOOK AND BED TOKYO』が11月5日にグランドオープン。

第10位 週刊『俺とエアマックス』 第1号 – AIR MAX 95

2015年、最も多くのアクセスを集めたのは昨日、2015年度版もアップされたばかりの「Mastered的レコード大賞」。昨年と同じく、ぶっちぎりで首位を獲得した本企画は、EYESCREAM.JPと縁のある方々に1年で最も良く聴いた音源を3枚あげて頂く、独自のディスクレビュー企画となっています。
続く第2位には池袋の「泊れる本屋」こと、『BOOK AND BED TOKYO』のオープン告知記事がランクイン。あらゆるメディアの中で最も早くその存在に注目し、ピックアップしたニュースが各所で大きな反響を呼びました。
そして、第3位には映画『BiSキャノンボール』の公開に合わせて掲載したカンパニー松尾 × ファーストサマーウイカの対談記事がランクイン。この他、夏フェス特集、恒例の着倒れ総括をはじめ、4位以下にもずらりと編集部入魂の特集企画が並んでいますので、既に読んだという方も未読の方も、ぜひ年末年始にまとめてチェックしてみてくださいませ。

Editor’s Choice

編集micky

対談:Alex Olson × Eric Duncan スケートボードとダンスミュージックの新たな関係性
それがどんな形であれ、「音楽とファッションの関係性」というのはEYESCREAM.JPが常に意識している裏テーマのようなものなのですが、それを具現化してくれたAlexとEricの対談。

その男、「MAD」につき。MADSAKIの『正しいFUCKとBITCHの使い方教室』
生で聴いていても最高でしたが、読み物として非常に面白く仕上がったかなと思います。

Oh My Fitting Club – 書を捨てよ、BEAMSへ行こう
やっぱりBEAMSが好きです。

編集S

[BROOKS HERITAGE] レトロランニングの名品を彩るニューカラー。
ロケハンの甲斐あったなと。スニーカーと熱帯雨林が調和してます。

夏フェス特集『こんな夏フェスはイヤだ! 2015』劔樹人のイラストと共に送る、夏フェス必携アイテムリスト。
失敗例から考える夏フェスアイテム特集。劔さんの2コマ漫画が最高でした。

How to be a Gentleman.FREEMANS SPORTING CLUBで学ぶ、男の作法。
カメラマンは濱田晋さん。いい感じのビジュアルに仕上がってます。個人的にかなりお気に入りの特集です。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。