DIORが1967年に発表した”DIOR OBLIQUE”をキム・ジョーンズが再解釈

by Keita Miki

1967年に発表された”DIOR OBLIQUE”を再解釈したアイテム達が、DIOR(ディオール)から一挙に登場した。

Kim Jones(キム・ジョーンズ)の手によって再解釈された”DIOR OBLIQUE”は、バックパック、バッグ in バッグとしても使えるポーチ、手持ち用としても小物用のベルトバッグとしても使えるサドルポーチなどになって登場。

また、”DIOR OBLIQUE”のキャンバス地はスニーカーのディテールとしても出現。ハイカットとローカットのスニーカーは、半透明のマイクロファイバーがDIORの象徴的なモチーフにマッチし、DIORが持つクチュールのディテールとサヴォワールフェール(職人技)を表現している。

各アイテムの詳細については以下のお問い合わせ先より、ご確認を。

【お問い合わせ先】
Christian Dior
TEL:0120-02-1947
http://www.dior.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。