その道のプロが選んだ愛用品を大公開!『俺の商売道具』 第5回 TAKASHI ”TETSUO” YOSHIZAWA

by Shiori Koike

様々な分野で活躍するプロたちの話を伺いながら、愛用する5つの「商売道具」を紹介してもらう連載企画『俺の商売道具』。 第5回目となる今回登場するのは、Guru's Cut & Standの店長、TAKASHI ”TETSUO” YOSHIZAWAさんです。

Photo:Takuya Murata

1 / 2
ページ

1. Panasonicのバリカン『ER-GP80』

Guru’s Cut & Stand(以下Guru’s)では、刈り上げスタイルにされるお客さんが多いので、ハサミと同じくらいよく使います。多くの美容院はお店で共有しているので、ひとり1台持っているところは珍しいかもしれません。それぞれのスタッフが好みの物を使っているのですが、僕は使いやすさとシンプルなデザインを重視していて、こちらを使っています。機能性も高く、かなり気に入っていますね。


2. スクラップブック

僕の思う1cmがお客さんと違うこともあるので、視覚での共有は一番大事。スタイル提案の際に使うことはもちろんですが、お客さんと僕で思い描いているスタイル、世界観が合っているか確認するためにも必要不可欠な仕事道具です。美容師になりたての10年ほど前から持っているのでもうボロボロですが、今でも中身をアップデートさせて使っています。海外雑誌の切り抜きなどがメインですね。


3. Dr.Guru’s Laboratoryのグリース

Guru’sのオリジナルで、COOL GREASEというグリースで有名なブランドと共同開発で作りました。水溶性なので、スタイリングした後の手もすぐに水で洗い流せるし、髪についたグリースもシャンプーで簡単に落とせるのが良いですね。Guru’sにいらっしゃるお客さんって、あまり頑張りすぎないような、ゆるいスタンスの方だったり、効率を重視している方が多いんです。そういう意味で男心をがっちり掴んでいるプロダクトだと自負しています! 実は第2弾として、ワックスも近日中にリリースする予定です。


4. SHARPIEのマジックペン

ヘアスタイルのカウンセリングで、イメージをイラストにする際や、メモを取る際に使っています。もともと海外から帰ってきた友人にもらったのですが、気に入ってリピートしていますね。描きやすいし、こうした海外のカルチャーが好きなので、持っているだけで普通のボールペンよりもテンションが上がるんです。「あぁ、外国人っぽい」みたいな(笑)。


5. VANSの『OLD SKOOL』

普段履きであり、仕事靴ですね。立ち仕事だし髪の毛が刺さってしまうので、基本的にみんなスニーカーなのですが、この『OLD SKOOL』は僕のシグニチャー。普段、時計やアクセサリーなどを付けないので、自分のスタイルの中に、“これだけは変わらない”っていうものを作りたくて、もう6年ほどリピートしています。ここまで来るともう意地ですよね。死ぬまで履いてやろうと思います。いつか支給されないかなぁ~なんて思ったり(笑)。