凍てつく真冬のパートナー。ストリートに映えるフライトキャップ 5選(Personal Lists)

by Seiya Kato

巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを、編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』
気づけば冬本番もすぐそこに。ようやくコート、ダウンがおろせると気分は上がるけど、例年のことながら東京の冬はなかなか厳しい。今回は、そんな凍てつく寒ささえも楽しみに変え、思わず外に出たくなってしまうような真冬の頼れる相棒”フライトキャップ”をピックアップ。温もりのある暖かさと、まわりにちょっぴり差をつけるお洒落ヘッドギアを、広大なインターネットの海の中から拾い上げてみました。

1. CA4LAの『ELEGANT FLIGHT』

11,000円 + 税

ミリタリーをルーツとするフライトキャップですが、「“ミリタリー感“が強すぎるアイテムはちょっと……」なんて人には、CA4LA(カシラ)の『ELEGANT FLIGHT』がオススメ。ウールを使用したボディがスタイリングに上品かつエレガントな印象をプラスし、裏地のキルティングは、保温性だけでなく、軽量性にも一役買っています。

now available at CA4LA

2. KIJIMA TAKAYUKIの『No.EX-19206-01』

18,000円 + 税

ボディにエコレザー、ライニングにエコムートンを使用したKIJIMA TAKAYUKI(キジマタカユキ)の『No.EX-19206-01』は、ブランドが掲げる“シンプルな装いの中にも存在感のある、トータルコーディネートで生きる帽子“というコンセプト通り、無駄のない洗練されたルックス。スタイリングに馴染みやすい、オールブラックも嬉しいポイント。

now available at KIJIMA TAKAYUKI

3. Snow Peakの『Wool Knitted Flight Cap』

7,800円 + 税

“Made in Japan”を掲げるSnow Peak(スノーピーク)が提案するフライトキャップは、なんとも珍しいデザインが特徴的。コンパクトで持ち運びにも便利なので、これからの時期になにかと重宝しそうだし、ファーやボアは一切使用せず、素材のもつ暖かさだけで勝負しているところも非常に好印象。

now available at Snow Peak

4. F-LAGSTUF-Fの『BOMBER CAP』

15,000円 + 税

F-LAGSTUF-F(フラグスタフ)の『BOMBER CAP』は、“らしさ満点“のレオパード柄が最大のポイント。保温性とファッション性を両立した秀逸なヘッドギアは、シンプルになりがちな冬のスタイリングをワンランク格上げしてくれること間違いなし。

now available at F-LAGSTUF-F

5. KANGOLの『Massive Trapper』

8,900円 + 税

ファーから覗く鮮やかなマドラスチェックが主役級のインパクトを放つKANGOL(カンゴール)の『Massive Trapper』。スタイリングの際には、コート、パンツをシンプルにまとめてキャップを引き立てましょう。

now available at KANGOL

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。