すこぶるお洒落なダウンジャケット5選(Personal Lists)

by Mastered編集部

巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』。
徐々に秋から冬へとシフトしていく今の季節、大抵のショップでは様々なバリエーションのアウターを提案しています。でも、「実際問題、どんなアウターを買えばいいのか」とまだ悩んでいる方に提案したいのが、ダウンジャケット。今回はこれまでのダウンジャケットのイメージを覆す、すこぶるお洒落なダウンジャケットをMastered的目線で広大なインターネットの海の中から拾い上げてみました。本格的な冬が到来する前に、ショッピングの参考にしてみてはいかがでしょうか?

1. THE NORTH FACEのMountain Down Jacket

60,000円 + 税

昨年で生誕50周年を迎えたTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)を代表するモデル『Mountain Jacket』。ハイスペック且つミニマルなデザインはこれまでにも数多くの人々を魅了してきました。そんな同モデルにダウンを封入した2017秋冬シーズンの新作がコチラ。表地には2レイヤーのGORE-TEX®素材を採用し、600フィルパワーのダウンによって、雨や雪を凌ぐことができます。今季最も注目されているダウンジャケットと言っても過言ではありません。

now available at THE NORTH FACE ONLINE STORE

2. visvimのSANJURO KIMONO DOWN JKT

172,000円 + 税

以前に今日の逸品でも紹介したvisvim(ビズビム)のダウンジャケット。江戸時代の労働着として、人々から愛されてきた半纏をベースに、ミリタリーの要素を加えた意匠。ボディにイタリアの老舗生地メーカーである、LIMONTAの高密度ナイロン生地を使用し、奄美大島で受け継がれてきた天然の染色法、泥染が施されています。また、ソフトで軽量のダウンには、ホワイトスーペリアグースの羽毛を採用し、保温性も抜群。

now available at visvim

3. Acne StudiosのMinus west ink blue

149,000円 + 税

スウェーデン、ストックホルム発のAcne Studios(アクネ・ストゥディオズ)からはウエスタン調のディテールをあしらったダウンジャケットをピックアップ。絶妙なブルーのカラーリングやポケットの配置などにこだわった一着。ミドル丈なので、細身のパンツから太めのパンツまで対応できる、万能モデルです。

now available at Acne Studios

4. AURAのTORRE Jacket

98,000円 + 税

2017年にリブランディングを果たした、ポーランド発祥のAURA(オーラ)。このモデルでは撥水加工を施した、高耐久性の防水ファブリック『DRY GOLD』を使用しています。頭部に絶妙にフィットするフードは立体的にデザイン。さらにパウダーガード、スリーブエンドのインナーリブを配すことで、袖口からの風の侵入を防ぐ構造になってたりと、ポーランドという寒い土地ならではの工夫が各所に施されています。

now available at AURA

5. MonclerのDEJAN

332,000円 + 税

ダウンジャケットブランドとして、根強い人気を誇るMoncler。今回は数多存在するモデルの中から、リゾート地でスキーを楽しむ人々のイラストが描かれた渾身の一着をご紹介。イラストはJean-Philippe Delhomme(ジャン=フィリップ・デローム)によるもの。街を闊歩すれば、みんな振り返ること間違いなしの洒落た1着です。

now available at Moncler

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。