厳冬に負けない防寒肌着 5選(Personal Lists)

by Mastered編集部

巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』。

personallists_top
巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』。

11月に初雪が降るなど、今年の冬はいつにも増して特別寒い。当然アウターは着ますよね? その下にインナーダウンを着てもいいでしょう。ただ、着込めば着込む程良い、というわけではありません。防寒で大切なのは、肌着です! 肌着1枚違えば、グッと暖かさも変わってきます。そこで、今回は真冬に着たい肌着を集めてみました。

1.[patagonia(パタゴニア)]のメリノ・ライトウェイト・クルー

10,368円(税込)

10,368円(税込)

肌触りの良さを考えればやはりメリノウール。メリノ・ライトウェイトはパタゴニアのメリノ・ベースレイヤーシリーズの中で最も軽くて薄いのでインナーに最適です。

now available at patagonia

2.[MIZUNO(ミズノ)]の BREATHTHERMO ウール・ヘビーウエイト・クルーネック

8,964円(税込)

8,964円(税込)

人間が発する水分を吸収して発熱する素材”ブレスサーモ”を使用しています。人間は常に体から水分が出ているので着ているだけで暖かい。さらに、高い防臭効果もあり、”アツいだけじゃない”ところが売りです。そんなブレスサーモとウールを合わせたシリーズ最高の暖かさを誇る厳寒対応モデルとなっています。

now available at MIZUNO

3.[UNIQLO(ユニクロ)]のヒートテッククルーネックT

990円 + 税

990円 + 税

僕らの味方、ユニクロのヒートテックが進化しています。アルガンオイルを配合し、保湿効果がアップ。ドライ機能もプラスされました。カラバリがあるのも嬉しいですよね。それにしても、とにかく安い! 早速、仕事帰りにユニクロに寄って買いましょう。

now available at UNIQLO

4.[mont-bell(モンベル)]のジオラインL.W.ラウンドネックシャツ

3,239円 +税

3,239円 + 税

防寒肌着の中でメリノウールと並ぶ、高機能素材がジオライン。その違いを一言で表すなら、メリノウールは”暖かくて、気持ち良い”。ジオラインは”暖かくて、すぐに乾く”。寒い季節の激しく汗をかく運動にも最適です。自転車に乗る方なんかにオススメ。

now available at mont-bell

5.[NOWHAW(ノウハウ)]、『Twilight』のワッフルサーマル。

各15,000円 + 税

各15,000円 + 税

「パジャマを着る前後の時間に向けて贈る、こだわりの肌着とルームウエア」をテーマに掲げる[NOWHAW]の新ライン『Twilight』。今日の逸品にも登場したこちらのワッフルサーマルは、吸水性が高く、クリンプ(繊維のねじれ)が大きいため糸の中に空気が多く含まれることから、見た目よりも軽く保温性が高いのが特徴です。

now available at NOWHAW(TEL:03-6427-1485)

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。