一週間スナップ #333 岩井良太(AURALEE Designer) 6月16日(木)分

by Mastered編集部

その開放的な佇まいからリゾートを意識させるオープンカラーシャツですが、その発祥は日本の開襟シャツという説もあるんです。パラカシャツ・アロハシャツなど諸説入り乱れ、真相のほどは定かではありませんが、すべて受け入れられる心の広い人になりたいものです。

2016年6月16日(木)分

main4

さてさて、後半戦のスタートとなる木曜日は[AURALEE(オーラリー)]のセルヴィッチウェザークロス・オープンカラーシャツに、[U.S.NAVY(U.S.ネイビー)]のデニムショーツ(Vintage/40’s)を合わせ、足元に[JOHN LOBB(ジョンロブ)]のシューズ(MORVAL)、小物には[Navajo(ナバホ族)]のバングル(Vintage/30’s)、[JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト)]のウォッチ(Vintage)、[ARTS&SCIENCE(アーツ&サイエンス)]のソックスをチョイス!

detail4

detail4b

detail4c

全体をネイビーワントーンで抑え、最後に足元をドレスシューズで締めれば、開襟シャツを軸にした“抜き”寄りのスタイリングもキレのある大人な印象に。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。