一週間スナップ #150 小木“POGGY”基史(ユナイテッドアローズ バイヤー/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 ディレクター) 12月13日(木)分

by Mastered編集部

今週はユナイテッドアローズからバイヤーである小木"POGGY"基史さんが登場。Masteredが注目するファッショニスタのリアルな1週間コーディネートを見逃すな。

ネクタイのディンプルがバキバキに作られていると、なんだか不思議と落ち着くんです。だからメンズ館のスタッフと挨拶する度に自然と笑顔がこぼれちゃうんですよね。しかも、ココはマヌカンまでギューーーンとキマってて、おまけにピョン吉並に飛び出しちゃいそうなくらいなの!!

2012年12月13日(木)分

さてさて、後半戦のスタートとなる木曜日は[ts(s)]のジャケット&ベストに、[ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)]のシャツを合わせ、ボトムスに[ヒューマンメイド(HUMAN MADE®)]のジーンズ、足元には[ビズビム(visvim)]のシューズをチョイス! また、小物には[アナトミカ(ANATOMICA)]のキャスケット、[デヴィッド・ハート(David Hart & Co.)]のネクタイ、[シャパル(CHAPAL)]のバッグをセレクト!!

赤羽橋での展示会に向かう途中での一コマ。あのクールなPOGGYが無邪気に銀杏と戯れていますが、コレはきっと前日のお酒が残っているからでしょうね……まぁ、ともあれ貴重なショットであることには間違いありません。

jacket_ ts(s)
vest_ ts(s)
shirt_ UNITED ARROWS
bottoms_ HUMAN MADE®
shoes_ visvim
hat_ ANATOMICA
tie_ David Hart & Co.
bag_ CHAPAL

今井康晴

筆者プロフィール

今井 康晴(いまい やすはる)

スタイリスト。アシスタント時代から音楽への造詣も深く、実は洋服よりもヴァイナルに注ぎ込んでいた過去があり。独立後スタイリストと並行し、音楽ライターやファッションサイトの編集、またDJとしても活躍の場を広げている。1982年生まれ、文化服装学院出身のTK世代。
http://soundcloud.com/yasuharuimai/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。