陶芸家・白石陽一の企画展がGraphpaperで開催

by Mastered編集部

陶芸家である白石陽一の企画展が、10月13日(土)より、Graphpaperにてスタートする。

山から掘り出してきた原土を型枠に入れて作る独自の造形。それは、その時々の固まりや崩れ、焼成する方法で表情が異なり、雄大な地層を彷彿とさせる迫力が宿る。人の手では作ることのできない自然の事象を作品に。

本展では、白石が手がけた、そんな土のオブジェを展示。今までにない形や大きさが並び、多様な作品が一堂に集結する。

また、10月13日(土)18:00からは、ささやかなレセプションパーティも開催。

空間の余白に置くと、驚くほど白石の作品は際立つ。力強くも繊細な作品を、この機会に堪能しよう。

白石陽一 企画展

開催日時:2018年10月13日(土)~10月21日(日) 12:00~20:00
開催会場:Graphpaper
東京都渋⾕谷区神宮前 5‑36‑6 ケーリーマンション 1A/2D
TEL:03‑6418‑9402
http://graphpaper‑tokyo.com/

■レセプションパーティ
開催日時:2018年10月13日(土) 18:00~21:00
開催場所:Graphpaper

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。