冬の海をイメージしたYASHIKIのニット

by Mastered編集部

2018年秋冬シーズンは”NAMINOHANA(波の花)”というシーズンテーマを掲げ、デザイナーの故郷である石川県の風景や文化から感じられる情景やローカル感を素朴で上品な物作りで表現しているYASHIKI(ヤシキ)。同ブランドから『Tousei Knit(濤声ニット)』と名付けられたニットが8月中旬に発売される。

プレーティング編みと言われる表目側と裏目側で異なる糸を編む技法を使用し、表にうっすらと見える裏の糸で奥行きのある表情を演出した本作。

凸部分には裏の糸色があえて出てくる様に編みこみ、波しぶきと陰影を柄のように表現。また、着用時に肩が落ちて柔らかな印象になるよう、YASHIKI定番の着物のパターンをオマージュしたフォルムも特徴的だ。

ちなみにニットの素材は絹の様な艶とハリがある上品な印象のシルケット加工を施した綿糸を採用。

カラーはマスタード、ブラウン、ネイビーの3色展開。デリバリーの日を今から楽しみにしておくとしよう。

【お問い合わせ先】
alpha PR
TEL:03-5413-3546
http://yashiki-jp.com/

各24,500円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。