「FREAKS MUSIC FESTIVAL '11」で初来日を果たすチル・ウェイヴ・シーンの旗手、ウォッシュド・アウトが待望の1stアルバムをリリース!

by Mastered編集部

topコズミック・クラッシックとして知られるゲイリー・ロウの「I Want You」の回転数を落としたサンプリングをフィーチャーした「Feel It All Around」が瀧見憲司ほか、日本のDJにヘヴィー・プレイされたアーネスト・グリーンのユニット、ウォッシュド・アウト。トロ・イ・モアと共にチル・ウェイヴ・シーンを代表するアーティストと目されている彼が2009年のデビューEP『Life Of Leisure』以来、待望されていたファースト・アルバム『Within And Without』を遂に完成させた。
プロデュースはアニマル・コレクティヴやディアハンター、M.I.A.、ナールズ・バークレー他を手がけるベン・アレンが担当。とろけるようなメロウ・サイケデリアに貫かれたアメリカン・インディーズとJ.ディラ以降のビート・ミュージックの融合がバレアリック解釈されるなど、シーンを横断して広がっているだけに、その内容は大いに期待したいところ。

Washed Out『Within And Without』
2011.7.6 ON SALE(日本先行発売)
■YRCG-90060
■¥2,300(税込)
■解説/歌詞/対訳付
■日本先行発売/日本盤ボーナス・トラック収録

(収録曲目)
01. Eyes Be Closed
02. Echoes
03. Amor Fati
04. Soft
05. Far Away
06. Before
07. You and I
08. Within and Without
09. A Dedication
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録

なお、ウォッシュド・アウトは5月7日(土)にDJハーヴィーがヘッドラインを務めるFREAKS MUSIC FESTIVAL ’11出演のために来日。本邦初公開となるバンド編成でのライヴが予定されている。こちらも併せてチェックして欲しい。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。