あの『ウォーク オーバー』が、マーク・マクナイリーをデザイナーに迎え今秋復活!

by Mastered編集部

ウォーク オーバーのダービーシューズ
29,400円
(ハイブリッジインターナショナル)

トム・ブラウン(Thom Browne)出現以降の世界的なアメトラリバイバルの流れの中、しばらく元気の無かったUSブランドが次々と復活の狼煙を上げていますが、その波はついにあのブランドへも到達。なんと、ここ日本でもホワイトバックスやダーティバックスで一世を風靡しながらも、最終的にはブランド消滅の憂き目にあっていた『ウォーク オーバー(WALK-OVER)』が蘇るのです!

イタリアのASAP社が商標を取得したことに端を発する今回の復活劇。気の早い人からは「イタリア製のウォーク オーバーなんて…」という声も聞こえてきそうですが、ご安心ください。当時と同じくアメリカ生産であるばかりか、現在『J.プレス(J.Press)』なども手がける新世代アメトラの旗手、マーク・マクナイリーMark McNairyをデザイナーとして迎えるという、Cluster的には完璧としか言いようの無い体制。これは期待しないわけにいきません。

8月上旬にデリバリーが予定されている復活第一弾モデルは、いずれもウォーク オーバーの代名詞であるレッドブリックソールを備えたプレーントゥのダービーシューズにチャッカブーツ、そしてサドルシューズの計3型。250年に及ぶウォーク オーバーの歴史をリスペクトしたクラシカルなデザインながら、適度にシェイプされたフォルムとカラーリングで、2010年代らしいモダンな表情に仕上げられています。

当時と比べると若干高めのプライスになっていますが、それだけの価値は充分備えた新生ウォーク オーバー。要注目です。

ダーティバック、ホワイト、
ネイビー、チョコレートの4色展開。
こちらはダーティバック。
ウォーク オーバーの
ダービーシューズ
29,400円
(ハイブリッジインターナショナル)

若干ロングノーズ気味のフォルムが
今の気分にマッチ。

チャッカブーツはホワイト、
ダーティバック、チョコレートの3色。
ウォーク オーバーの
チャッカブーツ
31,500円
(ハイブリッジインターナショナル)

カジュアルすぎないシルエットが
魅力的。

サドルシューズはダーティバックのみ。
ウォーク オーバーの
サドルシューズ
34,650円
(ハイブリッジインターナショナル)

バランスの良さが光ります。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。