『Vivienne Westwood』の軌跡を辿る、靴の回顧展「Vivienne Westwood Shoes, An Exhibition 1973-2012」が12月1日より、表参道ヒルズにて開催。

by Mastered編集部

ここ日本のみならず、世界中に多くのファンを持つイギリスのファッションブランド『ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)』が2011年12月1日(木)より、東京・表参道ヒルズ 本館 B3F スペース オーにて、靴の回顧展「Vivienne Westwood Shoes, An Exhibition 1973-2012」を開催する。
2010年9月、ロンドン・セルフリッジでの開催を皮切りにスタートし、ワールドワイドツアーとしてモスクワ、ベイルート、アジアを巡回してきた本展では、ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインにおいて、究極のフェティッシュアイテムである『靴』にフォーカス。
70年代初期に登場した“Seditionary Boots”や、1986年に発表されるや否や瞬く間にコレクタブルアイテムとなった“Rocking Horse”、初のキャットウォークショー“Pirate”で発表された“Pirate Boots”、キャットウォークを颯爽と歩いていたスーパーモデルのナオミ・キャンベルが転倒したことでも広く知られる“Super Elevated Gillie”など、ブランドの代表的シューズから、最新作、本人私物の貴重なシューズコレクションに至るまで、合計200足もの靴を一堂に展示される。
また、会期中には、展示会場のみの限定商品や、オリジナルグッズ等の販売も実施予定とのことだ。

独自のデザイン、クリエーション、そしてスタイルにより、今なお、世界のファッションをリードし続ける彼女の功績を、この機会に今一度振り返ってみてはいかがだろうか。その他、開催概要に関しては以下の通り。

【Vivienne Westwood Shoes, An Exhibition 1973-2012】
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー
会期:2011年12月1日(木)〜2012年1月9日(月・祝) 40日間・無休
開館時間 :平日/11:00 〜 21:00 日・祝日/11:00 〜 20:00
※但し年末年始については、閉館時間変更の可能性があり。

入場料:一般 …1,000(900)円
大学生/専門学生…800(700)円
中学生/高校生 …600(500)円
小学生以下 …無料
※( )は前売り料金
※20名以上の団体前売りは、更に100円引き

お問い合わせ先
ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション
TEL:03-5791-0058
http://www.viviennewestwood-tokyo.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。