期待の新星『ウミット・ベナン』の 2010年春夏コレクション

by Mastered編集部

S/S 10 'Cuba'

S/S 10 'Cuba'


1980年ドイツで生まれ、イスタンブールやロンドン、ニューヨークで学び、キャシャレル オム(Cacharel Homme)でヘッドデザイナーをつとめた後、自らの名を冠したブランドをスタートさせた『ウミット・ベナン(Umit Benan)』
デビューとなった2009年秋冬はMEN.STYLE.COMからも注目され、次の2010年春夏コレクションはピッティに持ち込み、新人を発掘する賞「Who Is On Next?」にノミネートされた6名の中から、見事勝利を獲得した期待の新星です。

そんな彼がデザインした春夏コレクションのルック&インタビューが、『DAZED&CONFUSED』のサイトDAZEDDIGITAL.comにアップされています。
このインタビューには、キューバをメインテーマとし Slim Aaronsが撮影した写真からインスピレーションを得た春夏コレクションと 1stコレクションとなった2009年秋冬コレクションについての彼の考えが語られており、かなり興味深い内容。
そしてルックブックのスタイリングも、かなりCluster好みに仕上がっています。

ムードとしてはアダム キメルを彷彿とさせるのですが、ドイツ生まれのトルコ人でイスタンブールやロンドン、ニューヨークでの生活を体験しているだけあって、さまざまなエッセンスが溶け合っている雰囲気。独特な色の使い方も面白いです。

おそらく日本で展開しているショップは、まだ無いようなのですが、価格に難がなければ期待できるブランドだと思いますので、セレクトショップのバイヤー職で興味を持たれた方がいるのであれば、仕入れてみてはいかがでしょうか。

S/S 10 'Cuba'

S/S 10 'Cuba'

A/W 09-10 'Day 77'

A/W 09-10 'Day 77'

[via:DAZEDDIGITAL.com]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。