タイプフェイス(書体)から眼鏡のデザインを作るブランド[TYPE]のニューモデルが登場。

by Mastered編集部

書体(typeface)を選ぶように眼鏡のデザインを選ぶ、という独自のコンセプトを持ったブランド[TYPE(タイプ)]の新モデル『Din』と『Futura』が現在発売中。

24,840円+レンズ代

各24,840円 + レンズ代


書体(typeface)を選ぶように眼鏡のデザインを選ぶ、という独自のコンセプトを持ったブランド[TYPE(タイプ)]の新モデル『Din』と『Futura』が現在発売中。

「書体のデザインがメッセージの伝わり方に影響を与えるように、眼鏡フレームの微妙なデザインの違いは、それをかける人の印象に変化をもたらす。」。この考えのもと、[TYPE]は書体と眼鏡の機能的・デザイン的な共通点に着想を得て生まれ、ひとつひとつ、眼鏡の聖地と呼ばれる鯖江市の職人の手によって手作りされている。

『Helvetica®』、『Garamond』など、眼鏡には書体の名前がつけられ、その書体をインスピレーションにフレームをデザイン。また、同じ書体で異なるウエイトを選ぶように、TYPEの眼鏡では異なるフレームの太さ(Light/Regular/Bold)から自分にあった眼鏡のデザインを選ぶことができる。

今回発売となる、『Din』は、ドイツの工業規格のために誕生した書体で、直線と細長いデザインが特徴。くせのないニュートラルで洗練された印象をデザインに反映し、誰もがかけやすく、使いやすい眼鏡に仕上げた。

『Futura』は、丸みをおびたデザインが特徴で、多くのブランドのロゴに使用されており、認知度の高い書体。モダンで幾何学的でありながら、どこか愛嬌のある『Futura』の特徴を活かしたアイテムとなっている。

こちらの新商品および[TYPE]のラインナップは、ブランド のウェブサイト、Oh My Glasses 渋谷ロフト店、メガネ通販サイトOh My Glassesにて購入可能。

【お問い合わせ先】
TYPE
http://type.gs

D_F_ALLWEIGHTS

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。