昭和の怪物和彫師が令和にカムバック。梵天太郎にフィーチャーした展示がMATで開催

by Nobuyuki Shigetake

昭和に彫り師として活躍しながら劇画作家としても活躍していた凡天太郎とTOMASONのコラボレーション展示が、6月6日(土)より、表参道のMATで開催される。

刺青の大衆化に人生を捧げた凡天太郎のサイケデリックな部分に焦点を当てた、今回の展示。

会場では、ギャラリーオーナーであり、アーティストでもあるTOMASONとのコラボレーション作品の展示・販売のほか、梵天太郎の過去作扉絵30点、原画3点を展示。また、書籍やTシャツなどのスーベニアの販売も実施予定とのことだ。

ジャンルは違えどマルチにクリエイトしていた昭和と平成のアーティストによる貴重なセッションを、くれぐれもお見逃しなく。

BONTEN TARO IS MONSTER

開催日時:2020年6月6日(土)~6月14日(日) 13:00~20:00
開催場所:MAT
東京都渋谷区神宮前5-49-5 RハウスB1F

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。