窪塚洋介、SALUらが参加。12組のクリエイターらが「写ルンです」で切り取る『東京の暮らし』

by Nobuyuki Shigetake

気鋭のクリエイターらが”東京の暮らし”を表現した写真と、オリジナルプレイリストを同時に楽しめる音楽写真展『TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo』が7月24日(火)より目黒のCLASKAにて開催される。

世界最大級の音楽ストリーミングサービス、Spotifyの全面協力にて開催される本展。

”この街に暮らすクリエイターの感性を通じて、あなたの知らない東京と出会う”というコンセプトのもと、窪塚洋介、ラブリ、SALUなど気鋭のクリエイター12組がレンズ付きフィルムの『写ルンです』を片手にそれぞれの”東京の暮らし”を切り取った。

展示会場では、それらの写真と、クリエイターらが自ら選曲をしたオリジナルのプレイリストとを併せて楽しむことができる。彼らが撮影した写真を音楽を通して感じることで、東京の新しい一面に出会うことができるかも。

また、会場の展示と連動して、Spotify上では『TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo』のイベント公式プレイリストも公開されるとのこと。

展示を先行して、Instagramでは『#東京音風景』をテーマに写真を投稿するキャンペーンを実施中。キャンペーン当選者にはCLASKAへの宿泊チケットや、シークレットレセプションへの招待などが用意されているので、ぜひとも参加を。

さらに来場者には、参加クリエイターが本イベントのためだけにセレクトした楽曲と写ルンですで撮り下ろした写真を楽しめる『TOKYO SOUNDSCAPE』オリジナルレコードジャケットをプレゼント。こちらは数量限定となるので、手に入れたい方はお早めに。

TOKYO SOUNDSCAPE by cowcamo

開催期間:2018年7月24日(火)~7月29日(日) 11:30~20:00(最終日は17:00まで)
開催場所:CLASKA
東京都目黒区中央町1-3−18
主催:cowcamo
音楽協力:スポティファイジャパン株式会社
プリント協力:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
TEL:03-3719-8121
https://tokyosoundscape.cowcamo.jp/

■参加クリエイター
角舘健悟 (Yogee New Waves)
窪塚洋介
小見山峻
SALU
高山都
フルカワミキ
松坂生麻(Name./urself)
モーガン茉愛羅
山田健人
横田真悠
yoppy (little sunny bite)
ラブリ

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。