THOM BROWNEがコレクション発表の場をパリへ移転

by Mastered編集部

クロスカンパニー社と資本・業務提携することで軌道修正を果たし、日本初となる期間限定ショップを阪急百貨店メンズ館にオープンしたり、ニューヨークストリート界の雄、Supreme(シュプリーム)とコラボしてシャツを展開するなど、ブランドとしてセカンドステージへと進んだ観のあるTHOM BROWNE(トム ブラウン)。ついに、コレクション発表の場をニューヨークからパリへ移す決断を下したようです。

ピッティへ招待された辺りからこの話は浮上しており、年に2度ミラノにてMoncler Gamme Bleu(モンクレール ガム ブルー)のコレクションを発表している彼にとって、自身のシグネチャーもパリに移すのは必然だったのかもしれませんね。

どのブランドのコレクションを見てもアメトラ・アメカジの焼き直しが横行し、ややマンネリ気味のニューヨーク コレクションの中で、一人気を吐き、クリエイティブなコレクションを発表してきたトム ブラウンがニューヨークを離れてしまうのは残念ですが、新たな展開を期待し、次のコレクションを楽しみに待ちたいと思います。

[via:the Cut]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。