話題のブーツブランドによる初のコンセプトショップが東京・浅草の地に誕生。

by Mastered編集部

「履き手を思いやる創意工夫がなければ素晴らしい靴は生まれない」という考えを基に、職人のこだわりとプライドが詰まった”Made in Japan”のシューズを創り出すことでじわじわと全国の洋服好きの間にその名を浸透させている話題のブーツブランド、[ローリング ダブ トリオ(Rolling dub trio)]。同ブランドによる初のコンセプトショップ「THE BOOTS SHOP〜TOKYO UPPER EAST SIDE〜」が東京・浅草の地に誕生した。
2007年のブランドスタートから約5年の時を経て待望のオープンとなったこちらの直営店では、毎シーズンのコレクションはもちろん、ミッドカットワークブーツ『coupen』とエンジニアブーツの『Giraffe』のカスタムオーダーを実際にデザイナーと打ち合わせしながらオーダーすることが可能。また、ローリング ダブ トリオのほか、2011年にデビューしたサンダルブランド『トーキョー サンダル(Tokyo SandalS)』も取り扱われているとのことなので、靴好きならば一度足を運んでおいて損は無さそうだ。

ちなみにショップ名にある”〜TOKYO UPPER EAST SIDE〜”という言葉はデザイナー自身の「東京のファッションをもっと東側からも盛り上げていきたい」という想いを体現したもの。冬のセールに足を運ぶのも楽しみの1つだが、折角の新年、こういったアトリエ型のショップで自分だけの1足をオーダーしてみるのもまた一興ではないだろうか。

【THE BOOTS SHOP〜TOKYO UPPER EAST SIDE〜】
住所:東京都台東区花川戸2-11-6(浅草駅 徒歩5分) MAP
TEL:03-3843-0833
金・土・日のみ営業
金:15:00〜21:00
土・日:13:00〜21:00
http://craftbank.net/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。