TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.の2018年秋冬コレクションが公開

by Keita Miki

デザイナー宮下貴裕の手掛けるブランド、TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.(タカヒロミヤシタザソロイスト.)が現地時間1月11日、フローレンスにて、第93回 Pitti Immagine Uomoのゲストデザイナーとして、UNDERCOVER(アンダーカバー)との合同ショーという形式で2018年秋冬コレクションを発表した。

シーズンテーマは”disorder/order”。

等身大の自分は、未来の視点で物事を捉える事が出来ているのだろうか。あるいはそれは、自問自答を繰り返し続ける事により紡ぎ出される、ティーンネイジャーだけに許された美しく儚い自己像の投影術なのだろうか。擬似的な視点から物事を捉える行為は、時に次なる場所へ進む為の自己の本質の映し鏡となる。ある一定の循環コードを好み、予定調和な呼吸を繰り返す、架空の一人の男性の精神性に擬似的に視点を変え、その男性の洋服を創造する。会ったことも見たこともない漠然としたその人物像にその身を投じて創造をするその行為は、宮下自身の本質を浮き彫りにし、未来へと向かう為の律動を刻み始める。

上辺だけの精神的な安定を求める彼の目に映る秩序あるその景色は、灰色でまるで空虚だ。その精神性を自身に重ね合わせスタイルを引き寄せていく。予定調和を好まず、常に変化を繰り返す宮下がその男性の真逆とも思える精神性を表現する方法として、アンユージュアルで無秩序を肯定する宮下自身の本質をあえて剥き出しに落とし込んでいく。なぜなら映し鏡に映っていた彼のユージュアルから聞こえる声なき咆哮は、葛藤と苦悩に満ち、もがき苦しむアンユージュアルな宮下自身の咆哮とまるでイコールだからだ。

架空の彼の心を優しく包み込むエマージェンシーブランケットのスリーピングバッグは解体され、彼の灰色の心を解放する為の洋服に仕立て上げられていく。オーセンティックで秩序的なその男性のワードローブは、宮下の方法論により新しい扉を開ける為の洋服へと変貌を遂げる。

どこからどこまでが上着なのか、どこまでがレングスなのか、どこまでがシューズなのか。ジャケットがジャケットである必要はなく、パンツがパンツである必要も無い。宮下の創造の方法論は既成概念の秩序を破壊する。そのノイジーで不規則なヴァース・コーラス・ヴァースの宮下の本質は、現実と非現実の境界線を無くし、秩序と無秩序が同居する儚く美しい旋律を響かせる。

仮面を脱ぎ去った自分自身を浮かび上がらせる為に、見たことのない彼の言葉に耳を傾ける。
彼の声に腐敗を感じ取るのは、きっといつかの自分に呼応するからだ。
出口の見えない灰色の心の中には、まだ残された帰るべき場所がある。

美しい棘を未来に向けて残す為に。

I often ask myself, “will I ever be able to envision an optimistic future like I used to? Or is the utopian future I used to crave now just a mere act of beautiful and transient self-projection reserved only for teenagers who are able to conjure it up by engaging in self-reflection repeatedly?”

The ability to see things through the eyes of others enables me to understand my true self and what I can create and tell. It spurs my creations to the next level and in doing so, I’m able to reimagine and transform a person who has become trapped within the same ‘chord progression’, of their life played over and over again into something different, transporting them from their chaotic status quo – I have committed myself to creating clothes that protect and comfort them from the similar struggles that I myself have had to endure.

Sleeping bags crafted from survival blankets provide comfort to the grey hearts of those trapped in discord. I have refined and evolved my own personal melody,creating a collection that is more authentic and responsive to the monotony that people are subjected to. In doing so, I have created a collection that gives him power to open a new door, to move differently, to experience a new set of chords…

I’ve reimagined classics from a world filled with noise and disarray and created a new wardrobe filled with security, harmony and peace creating something beautiful at the intersection between poetry and chaos.
Cocooned in the new collection, I envision the heart, no longer grey, but beating. I hear the new rhythm of the beat and realize it symbolizes a new me.

I continue my work from afar, creating beautiful thorns to leave for the future.

【お問い合わせ先】
grocerystore.
東京都港区南青山6-1-6 パレス青山108
TEL:03-6805-1989
http://the-soloist.net/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。