Febb as Young Masonが生前最後まで制作を続けていたGRADIS NICEとのジョイントアルバムが発売

by Keita Miki

2018年2月15日に逝去したFebb as Young Masonが生前最後まで制作を続けていたGRADIS NICEとのジョイントアルバム『SUPREME SEASON 1.5』が、7月17日(水)にリリースされる。

ラッパーとしてのYOUNG MAS(Febb as Young Mason)にフォーカスし、GRADIS NICEがトータルプロデュースを担当した本作。

GRADIS NICE&YOUNG MAS名義で2017年10月に発表した『L.O.C -Talkin’ About Money-』の第2弾として制作を行っていたものであり、Febb as Young Mason急逝後、最後まで一緒に作業をしていたGRADIS NICEがその制作を引き継ぎ、約1年4ヶ月を費やして完成させた。

8曲目に収録された楽曲”spit dope”は、GRADIS NICE&YOUNG MASの盟友、DJ SCRATCH NICEがプロデュースを手がけ、JJJが客演として参加。

Febb as Young Masonのスピリットが刻まれたアルバムの発売を今から心待ちにしておこう。

GRADIS NICE&YOUNG MAS 『SUPREME SEASON 1.5』

2019年7月17日(水)リリース
品番:DDCB-12106
レーベル:FL$Nation / AWDR/LR2
価格:2,500円 + 税

■収録曲
1.supreme season
2.numb
3.skinny
4.east side
5.cartel
6.flexin
7.switch lanes
8.spit dope (feat. JJJ)
9.f-turbo
10.sour og
11. done

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。