SUGARHILLの2019年春夏コレクションが公開

by Keita Miki

SUGARHILL(シュガーヒル)の2019年春夏コレクションが公開された。

シーズンテーマは”salad days”。

シェイクスピアの史劇から引用した”salad days”は、本来、”無経験な青二才時代”、”未熟な青春時代”といった意味だが、現代で大麻の隠語とされる”サラダ”から引用し、”葉っぱ漬けの日々”という意味も言葉遊び的に持たせている。

デザイナー自身がバンクーバーに留学していた頃の経験をもとに製作したというコレクション。北アメリカ大陸西海岸に位置し、1990年代から同性愛、ドラッグ、移民等に寛容な土地であり、独自のゲイカルチャーやレイブカルチャーが発達していたバンクーバーで、スケートと夜遊びを繰り返していた経験が主である。

コレクションで多用されていう花のモチーフは、そんなバンクーバーの歴史的文化から着想した”ケシの花”をモチーフとしており、若々しさの象徴としてポジティヴに昇華している。

また、ブランド本来のクラシックなアイテムを再構築したパターン遊びやステッチ使いに加え、ディティールには酩酊時の”ズレ感”や”違和感”を想起させる仕様をちりばめたほか、西海岸というキーワードをもとにウェスタン・ディティールやレインポンチョもラインナップ。

【お問い合わせ先】
4K
TEL:03-5464-6061
https://www.sugarhilltokyo.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。