ヴィンテージのアイウェアを再構築。新ブランド、Side Effects Eye Productsがローンチ

by Seiya Kato

ヴィンテージ眼鏡コレクター・宮川佑介の手掛けるSide Effects Eye Products(サイドエフェクツアイプロダクツ)が、2020年秋冬シーズンにデビューした。

歴史あるヴェンテージアイウェアのクラシックな要素と高いファッション性を絶妙なバランスで融合させ、現代的かつ知的さを兼備したプロダクトを提案する同ブランド。

注目のファーストコレクションでは、Jean Paul Gaultier(ジャンポール・ゴルチエ)のヴィンテージ眼鏡を再構築し、リムの太さと生地の厚みを絶妙なバランスで仕上げた『SE01』が全4色ラインナップされる。

鯖江の最高峰ともいえる工場で製造され、生地には日本国内で生産された希少なセルロイドを用いるなど、こだわりの詰まった生産背景にも要注目。

販売は、12月19日(土)より、各取扱店舗にて実施予定だ。

【お問い合わせ先】
alpha PR
TEL:03-5413-3546

各 26,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。