坂本慎太郎とMayer Hawthorneによる限定スプリット7inch vinylが日本&全米で発売決定。

by Mastered編集部

zel-o11
昨年末の『Mastered的レコード大賞』にも参加してくれた坂本慎太郎と、Mayer Hawthorne(メイヤー・ホーソーン)によるスプリット7inch vinylが、Record Store Day 2014となる4月19日 (土)に、ここ日本、そして全米でリリースされる。

Mayer Hawthorneが坂本慎太郎の1stアルバム『幻とのつきあい方』(US盤: Other Music Recording & Co.)を愛聴しており、「坂本とMayerで2014年の全米のレコード・ストア・デイで一緒に7inchを出さないか?」とNYのOther Musicにコンタクトをとったことから制作がスタートしたという本作。当初は、お互いの楽曲をカヴァーし合うという事で始まったそうだが、その後さらに展開し、お互いのインスト・バージョンのオリジナル・マスターを使用してそれぞれ英語/日本語での訳詞ヴァージョンでレコーディングをしようという結論に。それが遂に形となったのがこちらのスプリット7inch vinylと言う訳だ。

気になる内容は、坂本慎太郎がMayer Hawthorneの最新アルバム『Where Does This Door Go』より、Pharrell Williamsのプロデュース楽曲“Wine Glass Woman”のオリジナル・トラックに日本語で歌詞を付けて歌い、Mayer Hawthorneが坂本の1stアルバムから“幽霊の気分で(In a Phantom Mood)”のオリジナル・トラックに英語の歌詞を付けて歌うという夢のような日米のコラボレーションに。Pharrellのトラックに、坂本がどのような歌詞をつけ、そして歌い上げるのか。興味は尽きない。

なお、日米両盤ともにアートワークは坂本慎太郎が手掛け、日本盤(3つ折り特殊ジャケット仕様)はzelone records、US盤はUNIVERSAL/Republicよりそれぞれリリースされるとのこと。店頭のみの販売となり、各店web/予約販売は行われないそうなので、くれぐれも買い逃しの無いようにご注意を。

【坂本慎太郎&Mayer Hawthorne RSD2014限定スプリット7inch vinyl】
2014年4月19日 (土) リリース
A: Wine Glass Woman / 坂本慎太郎 Shintaro Sakamoto 3:41
AA: In a Phantom Mood / メイヤー・ホーソーン Mayer Hawthorne 4:03
(※US盤は、A面: Mayer Hawthorne / AA面: Shintaro Sakamoto)

Side A: Wine Glass Woman / Shintaro Sakamoto

Performed & Translated by Shintaro Sakamoto
Written by A. Cohen, P. Williams
Produced by Pharrell Williams
Drums, Percussion, Programming, & Electric Piano: Pharrell Williams
Bass Guitar: Mayer
Electric Guitar: Rene Toledo
Additional Electric Piano: Quincy McCrary

Side AA: In a Phantom Mood / Mayer Hawthorne

Performed & Translated by Mayer Hawthorne
Written & Produced by Shintaro Sakamoto
Recorded & Mixed by Soichiro Nakamura
Recorded at Peace Music, Tokyo, Japan 2011
Guitar, Bass & Keyboard: Shintaro Sakamoto
Drums, Conga & Percussions: Yuta Suganuma
Chorus & Chorus Arrangement: Junko Nogi

Art Work: Shintaro Sakamoto

Mayer Hawthorne appears courtesy of Republic Records, a Division of UMG Recordings, Inc.

品番:zel-011 (zelone盤)
価格:1,080円 (税込)

http://zelonerecords.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。