山本精一、渾身のロック・アルバム「ラプソディア」が10月19日にリリース。

by Mastered編集部

日本が世界に誇るスーパーバンド、BOREDOMSの一員として名を馳せ、現在はROVO、MOST等、数多くのプロジェクトで活躍を続けるミュージシャン、山本精一が待望のニューアルバム「ラプソディア」を10月19日(水)にリリースする。
昨年リリースされたアルバム「Playground」に続く、歌ものロック・アルバムとなる本作品には、全7曲が収録。山本精一自らがスタジオに篭り構想夢想し、納得行くまで何重にも時間も惜しまず楽器を被せ、ようやく完成したという楽曲群は、2011年度の最後を飾るにふさわしい最高の仕上がりとなっている。また、山本精一本人が撮りおろした写真を使ったアートワークにも注目だ。

なお、このリリースに合わせて、山本精一のキャリアを総観する一大特集が雑誌「Indies issue」vol.59にて掲載。こちらの方では貴重なロングインタビュー、注目のコラム、そして、自らが(自らを)撮りおろした写真も多数掲載されているとのことなので、発売をお楽しみに。その他、アルバムの詳細は以下の通り。

【山本精一/ラプソディア】
PCD-25137  2,625円(税込)

1.Be
2.ラプソディア
3.眼が醒める前に
4.いつものうた
5.Mothlight
6.DISCORD
7.ハルモニア

→Amazonで予約する

山本精一のニューアルバム
「ラプソディア」

「Indies issue」vol.59

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。