松下沙花の個展『new works』がギャラリー月極にて開催

by Seiya Kato

東京を拠点に作品制作を行う松下沙花の個展が、10月19日(土)よりギャラリー月極にて開催される。

鮮明な線で描かれるモノプリントドローイングと、カラフルなアクリル絵具を用いたペインティングで、多くの作品を生み出す同人物。

今回の個展では、2019年以降に制作された新作のほか、継続して制作されている”海”を題材とした作品が展示される。

アイデアの原点であるモノプリントで描かれた情景や線に、アクリルペインティングで彩りが与えられた作品からは、同人物の新たな試みがうかがえると同時に、培ってきた技法に対する信頼や自身の変化が表れた、圧巻の仕上がりとなっている。

開催日の前日である10月18日(金)にはオープニングレセプションも実施されるとのことなので、以下より詳細をチェックしつつ、会期中にぜひ足を運んでみてほしい。

松下沙花 個展『new works』

開催期間:2019年10月19日(土)~10月29日(火)
開催場所:ギャラリー月極
東京都目黒区東山3-12-4 第二東邦ビルB1階

■オープニングレセプション
開催日時:2019年10月18日(金) 18:00~20:00
ギャラリー月極

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。