戦争で使われる武器をインスピレーションソースとしたRichardsonの新作アイテム

by Keita Miki

Richardson(リチャードソン)の2020年秋冬コレクションより、注目のニューアイテムが10月24日(土)に発売される。

今回は、『War Rug』、『Yoke』と題された2つの新作シリーズが登場。

『War Rug』は50年間に及んだソ連軍によるアフガニスタンの侵攻から生まれた”Baluch(戦争をモチーフとしたウォーラグ)”から着想を得ており、各アイテムには戦争で使われる武器である低空飛行ヘリコプターや、自動銃のアサルトライフル、戦車、手榴弾などのモチーフがあしらわれている。

ちなみに、ウォーラグは、戦争を批判するためにアフガニスタンの職人によって織られたにも関わらず、アフガニスタンに拠点を置くロシア軍やアメリカ軍の兵士にそれらが買われてしまうという皮肉と、戦闘の間にも生まれる循環型の経済を表現したもの。

一方、『Yoke』からはモールスキンシャツやサーマルヨーククルーネック、パーカ、防水加工が施されたナイロンのジムバック、ウールのエクスペディションソックス、ミリタリースタイルを連想させるニットキャップなどが登場する。

いずれも日本国内での販売は、Richardson Tokyoのみでの実施予定。

【お問い合わせ先】
Richardson Tokyo
東京都渋谷区神宮前4-27-6
TEL:03-6455-5885
https://richardsonshop.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。