マリオットホテルでも採用されているResolのスペイン製ガーデンチェアが一般発売

by Keita Miki

1961年に設立されたスペインのメーカー・Resol(レゾル)。世界初の⼀体成型樹脂のチェアを開発したことでも知られる同社の名品チェア『WOODY』の一般販売がスタートした。

マリオットホテルでも採用されている『WOODY』は、英国の伝統的な木製の椅子であるスラットチェアをオマージュしたもの。

素材には耐UV加工を施した一体成型樹脂を使用することで、軽さと室内外で利用できる耐久性を実現しており、メンテナンスの容易さも大きな特徴となっている。

デザインは、スペインの工業デザイナー・Josep Llusca(ジョセップ・リュスカ)が手掛けており、過去にはInterior Innovation AwardやIIDAなども受賞。

オフィスや自宅のリビング、テラスなど様々なシーンにマッチする名作チェアを、この機会にぜひともチェックしてみて欲しい。

【お問い合わせ先】
Resol
TEL:0773-27-3169
http://resol.es/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。