Reebokの『AZTREK』が現代版カラーに生まれ変わってReebok CLASSICから登場

by Mastered編集部

Reebok(リーボック)が、1993年にリリースしたランニングシューズ『AZTREK』。同キックスを現代版カラーでアレンジした『AZTREK BW』が、Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)より、新たに登場した。

この1年を通して、1980年代と1990年代の名作シューズに焦点を当てた『ALWAYS CLASSIC』キャンペーンを展開しているReebok CLASSIC。『AZTREK』は、キャンペーンの注力シューズであり、7月に登場したオリジナルカラーの復刻モデルも記憶に新しい。

今回登場した『AZTREK BW』は、ブラック × ホワイトのシンプルなデザインながら、1990年代に流行したビビットカラーを差し色にプラス。キャンペーンビジュアルには、ラッパーのLil Yachty(リル・ヨッティ)を起用している。

なお、ホワイトが基調のモデルは、10月4日(木)に発売、ブラックが基調のモデルは、10月中旬にリリースされるとのことなので、ご注意を。

【お問い合わせ先】
Reebok adidas group customer service
TEL:0570-033-033
http://reebok.jp

11,000円 + 税

11,000円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。