ヨーロッパでも大ブレイク中の『レッド・ウィング』。今から履くならこんなモデルはいかがでしょうか?

by Mastered編集部

日本では90年代の大ブーム以降幅広い層に定着した感のある、100年以上の歴史を誇るアメリカ・ミネソタ州発祥のブーツメーカー『レッド・ウィング(Red Wing)』。現在、世界的なアメカジブームも手伝いヨーロッパでも大ブレイク中だったりと、しばらくレッド・ウィングのブーツから遠ざかっていた人でも、再び気になっていたりしませんか?

そんなあなたにおすすめなのが、今回ご紹介する「Lumber Jack」。トラクショントレッドソールにモカシントゥという、伝説の名機「アイリッシュセッター」の系譜を受け継ぐアッパーデザインに、「木こり」を意味するモデル名どおり、アンクル部分に縫い付けられたチェック地のファブリックがポイントになったモデルです。
しかもこの生地、あの『ウールリッチ(Woolrich)』社のものが用いられており、レッド・ウィングの高品質なレザーとも抜群の相性。履きこんだ後の表情も楽しみです。

バリエーションは、写真のライトブラウンとダークブラウンにブラックを加えた計3色。来る秋冬シーズンの足元に大推薦な一足です。

レッド・ウィングのブーツ
各29,820円
(レッド・ウィング・ジャパン)

こちらはオイルドレザーに
グリーン系ファブリックの
組み合わせ。

Red Wing

お問い合わせ先

レッド・ウィング・ジャパン

Tel:03-5791-3280
http://www.redwingshoe.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。