日本製のチタンを用いたRay-Banの新たなカプセルコレクション

by Keita Miki

Ray-Ban(レイバン)が日本の優れた技術を踏襲した、ウルトラライトチタン製のアイコニックなモデルのカプセルコレクションを新たに発売する。

チタンと純金ゴールドのアイウェアの権威である福井メガネが製造を行った今回のカプセルコレクションでは、『AVIATOR』、『CARAVAN』、『ROUND』といったアイコニックなスタイルを極上のウルトラライトチタンを用いることで、更に高いレベルのプロダクトに昇華。

フレームにウルトラライトチタンを使用することで従来のメタル製に比べて約1/2の軽量化に成功しているほか、ノーズパッドにもチタンを採用した。

ブラッシュ仕上げホワイトゴールドのフレームにG-15のレンズ、アンティークゴールドにグレーのレンズ、グレーにブルーレンズやシャイニーホワイトゴールドにクリスタルの偏光レンズ等、エフォートレスなスタイルからフォーマルなスタイルまで様々なシーンに活用できるカラー展開も大きな魅力の1つと言えるだろう。

スペシャルパッケージが付属し、8月31日(金)より、Ray-Ban Store渋谷店、オンラインストアのみで限定展開予定となっているので、くれぐれもお見逃しなく。

【お問い合わせ先】
Mirari Japan Co., Ltd.
TEL:03-3514-2950
http://www.ray-ban.com/japan/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。