RAGNE KIKAS for Yohji Yamamotoの2018年秋冬コレクションが7月11日より展開

by Keita Miki

エストニア出身のデザイナーRAGNE KIKAS(ラグネ・キカス)の手がけるRAGNE KIKAS for Yohji Yamamotoの2018年秋冬コレクションが7月11日(水)より、店頭に登場する。

ショルダーにフォーカスする所からクリエーションをスタートさせたという今シーズン。

通常のラグランシルエットから、2枚の正方形をシンプルに貼り合わせたデザインに至るまで、ショルダーの形状や袖のディテールの在り方等、様々な手法を模索し、長方形や正方形から多くのスタイルを生み出している。

また、今回は新たに、生地を無駄なく使用する為、生地幅にぴったり合う様なパターンをデザインするという試みも実施。

ニットアイテムには、片畦編みの技法をメインに採用しており、ビックシルエットのデザインでも型崩れすることがないとのことだ。

日本の古い紙焼き写真からインスピレーションを得たカラーパレットは、グレーやブラウン、ワインレッドを中心に構成。

気になる方は店頭にて、ぜひとも実物をチェックしてみて欲しい。

【お問い合わせ先】
Yohji Yamamoto press room
TEL:03-5463-1500
http://www.yohjiyamamoto.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。