ラフ・シモンズが手掛けたジル・サンダーのデニムスーツ

by Mastered編集部

raf
ジル・サンダー(Jil Sander)のクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、ジル女史本人が手掛けていた時代の雰囲気も巧みに汲みつつ、独自のエッセンスも織り込んだ素晴らしいコレクションを披露し続けているラフ・シモンズ(RAF SIMONS)。

そんな彼が、ジル・サンダーにおいて男性用のプレミアムなデニムウェアをデザインしたようです。

ブルーまたはグレーのデニム地で仕立てられたスーツは、世界中のジル・サンダーのショップにて来春から展開され、このために特別に用意されたネイビーのボックスにパッケージされて販売される模様。

伝統的な仕立て屋にて作成されたスーツは、スリムまたはブーツカットの5ポケットパンツと、内ポケット付きで肩パッドが少ししか入っていないショルダー・ラインのタイトな2つボタンジャケットでの展開になるそうです。

写真で見る限りは、かなりキレイですね。ジル・サンダーということで正直価格は気になりますが、デニムなら経年変化的な楽しみもあるので、チェックする価値はありそうです。

[via:WWD]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。