ウエマツタケシとEfrain Vivas Hattoriによる合同展『RADANMA』

by Nobuyuki Shigetake

写真家のウエマツタケシとペインターのEfrain Vivas Hattoriによる合同展『RADANMA』が、4月16日(金)より、Studio 4Nで開催される。

作品制作をしていく中で偶然出来上がった1つの作品が曼荼羅模様に見えたことから『RADANMA』と題されたという、今回の合同展。

作品はもちろん、マーチャンダイズまで全ての制作がアナログで行われており、会場内では新進気鋭のトラックメーカー・KUMA-GUSUによるアナログレコーディング音源を使ったサウンドインスタレーション実施。世界観を五感で体感できる内容となっている。

また、会場のみで販売されるオリジナルアパレルは全て、染め、刺繍、シルクスクリーンプリントの工程を作家本人たちがおこなった1点物。

さらには、今回の個展に展示される写真を集約させた作品集とポスターも会場にて販売される。

開催期間は5月2日(日)まで。

RADANMA

開催期間:2021年4月16日(金)~5月2日(日)
開催場所:Studio 4N
東京都渋谷区猿楽町2-1 アベニューサイド代官山ⅲ 3F

19,800円(税込)

16,500円(税込)

26,400円(税込)

16,500円(税込)

28,600円(税込)

2,860円(税込)

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。