クオディー トレイル モカシンのレッドソール ブルッチャーが秀逸

by Mastered編集部

多くのブランドがアジア・南米等に生産拠点を移行している現在でも、1900年代初頭から「MADE IN MAINE(アメリカのメイン州)」を貫き続ける希少なブランド『クオディー トレイル モカシン(QUODDY TRAIL MOCCASIN)』。すべての工程が熟練職人によるハンドソーン仕上げなため、足触りが良く快適なフィット感を提供してくれます。

そんなクオディーが、ロスにあるセレクトショップ『South Willard』のためにデザインしたブルッチャーが秀逸です。

アッパーは通常のブルッチャーそのままに、ソールにはホワイトバックスやダーティバックスに使用されるブリックソール(赤いソール)に履き替えられています。ボディのカラーもブラックレザーに加え、珍しくブラウンスウェードも用意。今までのクオディーとはひと味違った雰囲気を醸し出しています。

そして価格も218ドルとお手頃。恐らくPayPalに登録していれば、日本からの購入も可能かと思われます。
この夏、ブレイクしてしまうであろうモカシン。周囲に差をつけるなら、こんな珍しいアイテムがオススメですね。

 
http://www.southwillard.com/designers/accessories/quoddy-shoes/brown-suede-brick-bottom-blucher/

[via:On the Daily]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。