フセイン・チャラヤンがデザインするPUMAの新ブランド、Urban Mobility

by Mastered編集部

2月にPUMA(プーマ)のクリエイティブ・ディレクターに就任したフセイン・チャラヤン。彼が2010年春夏よりスタートさせるUrban Mobility(アーバン モビリティ)と銘打ったコレクションのファースト・ルックを公開したようです。

「ファッション スポーツウェア」と「現代的な都市旅行者」のためのアクセサリーをベースにアイテムがラインナップされ、バッグを必要としないジャケットや空港でもたつかないパンツ、高いウェッジソールでありながらも安らぎと柔軟性を兼ね備え、女性をフェミニンに見せるスニーカーなど、多くのアイテムが登場する模様。

価格はTシャツで35ユーロ(約4700円)、ニット類で120ユーロ(約1万6000円)、最も高価になりそうなアウター類で250ユーロ(約3万4000円)、発売は来年の2月になりそうとのこと。

まだ写真がモノクロで、いまいちどんな雰囲気のアイテムになるのかは掴めませんが…、結構ハイテクでファンクショナルな服にはなりそうですね。また全貌が見え次第、報告したいと思います。

puma-urban-mobility-2010-spring-summer-collection-1

[via:hypebeast]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。