ファレル・ウィリアムズが、『ランバン』のアルベール・エルバスに「ブランドのために何か仕事をしたい」とアプローチしたようです。

by Mastered編集部

WWDによれば、『ランバン(Lanvin)』の大ファンであるファレル・ウィリアムズ(Pharrell Williams)は、日曜日にパリで開催された2010年春夏コレクションのバックステージにて、アーティスティックディレクターを務めるアルベール・エルバス(Alber Elbaz)に、「ランバンのために何か仕事をしたい」とアプローチしたんだそう。

以前よりファレルは、WWDに対して「ランバンのキャンペーンに登場するか、バッグのラインをデザインしたい」とも語っていたようで、かなり本気のようですね。

2010年春夏ではイメージが一新し、シャープでクールな印象が強くなった『ランバン』。これを機に、ファレルを絡めた新展開なんていうのも面白いのかもしれませんね。

[via:WWD]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。