ニコンからSFチックなスーパーヘッドフォンが登場

by Mastered編集部

ニコンらしい意匠のグッドデザイン

ニコンらしい意匠のグッドデザイン

カメラでおなじみのニコン(Nikon)から突如発表された謎のヘッドフォンらしき機器。
実はこちら、ディスプレイやフラッシュメモリ型の音楽プレーヤー、さらにはWi-Fiまでも一緒にしてしまったスゴいヤツなんです。
さらに高機能タイプの「UP300x」には、iPhoneなどでおなじみのモーションセンサーまで内蔵。首を振ったりすることで音量などをコントロールできる模様です。

電源は単3電池2本なんですが、三洋電機の単3形充電式ニッケル水素電池「エネループ」とその専用充電器が最初から同梱されているそうです。細かな気配りが嬉しいですね。
他にもWi-Fi機能を活かして動画配信サービス「UPLINK」などもはじまるそうで、ニコンの本気度が伺えます。

気になるお値段は「UP300x」が69,800円、スタンダードタイプの「UP300」が59,800円。いずれもニコンのオンラインストア「UPSTORE」のみでの販売となるそうです。

http://www.upxup.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。