Nikonからデジタル一眼レフカメラに対応した初の魚眼レンズが登場。

by Mastered編集部

株式会社ニコンイメージングジャパンより、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラに対応した初のフィッシュアイズームレンズ『AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED』が発売される。

152,500円 + 税

152,500円 + 税


株式会社ニコンイメージングジャパンより、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラに対応した初のフィッシュアイズームレンズ『AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED』が発売される。

焦点距離8-15mm、開放F値3.5-4.5のNIKKORレンズ初となるフィッシュアイズームレンズである『AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED』。円周魚眼と対角線魚眼の2種類の魚眼効果をこれ1本で得られる優れ物となっており、近距離でも周辺解像の低下が少ない優れた描写性能を実現している。

なお、販売は6月30日(金)より、開始予定。その他、主な製品の仕様に関しては以下の通り。

【AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED】
2017年6月30日発売開始予定
焦点距離:8~15mm
最大絞り:焦点距離8mm時 f/3.5、焦点距離15mm時 f/4.5
レンズ構成:13群15枚(EDレンズ3枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり、フッ素コートあり)
画角:180°00′~175°00′(DXフォーマット時180°00′ – 110°00′)
寸法:約77.5mm(最大径) × 83.0mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量:約485g

【お問い合わせ先】
ニコンカスタマーサポートセンター ナビダイヤル
TEL:0570-02-8000
http://www.nikon.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。