上野の新名物!? パンダカラーの[NIKE]、『DUNK LOW PREMIUM QS BG』。

by Mastered編集部

往年の名作がひしめき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った[NIKE(ナイキ)]の名作『DUNK』。そんな『DUNK』の気になる限定モデルが新たにリリースを迎えた。

9,000円 + 税

9,000円 + 税


往年の名作がひしめき合う激戦の80年代にノンエアバッシュの量産機種として1985年「NCAA(全米大学体育協会)バスケットボールリーグ」に向けたカレッジカラープログラムの一環としてリリースされ、カレッジバスケットカテゴリーにおいて見事なまでの存在感を放った[NIKE(ナイキ)]の名作『DUNK』。そんな『DUNK』の気になる限定モデルが新たにリリースを迎えた。

2008年に福岡、名古屋、大阪、上野の各都市で展開された”ご当地ダンク”シリーズ第3弾として登場した『DUNK HIGH PREMIUM 08 QK UENO PANDA』を踏襲したテイクダウンモデルとなるこの『DUNK LOW PREMIUM QS BG』。上野の象徴とも言える「東京都恩賜上野動物園(上野動物園)」のパンダからインスパイアされたという1足は、ホワイトとブラックによるパンダカラーと、アッパーマテリアルに採用されたアクリルファーが特徴的。

シュータンには『DUNK HIGH PREMIUM 08 QK UENO PANDA』にも採用されていた”UENO”のオリジナルフォントが施されている。サイズ展開は23cmからハーフ刻みで25cmまでのウィメンズメインのサイズ展開となっているので、女性陣、またはサイズの合う男性陣はくれぐれもお見逃しなく。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。