New Era®のMLBオーセンティックキャップに異変あり? スタイリスト・片貝俊 編

by Mastered編集部

メジャーリーグ・ベールボール(MLB)唯一のオンフィールドキャップとしても知られるNew Era®(ニューエラ)の『59FIFTY®』は、ストリートでも常に人気の定番アイテム。実は前回もここでお伝えしたように、2017年シーズンからMLB全球団の公式選手用キャップにNew Era®のフラッグロゴが入ったことが、野球ファンやストリートの間で密かな話題となっている。その実態を探るべく、あらゆる変化に敏感な東京ベースのスタイリスト3名に、お気に入りのオーセンティックキャップを被ってもらいながら、『59FIFTY®』に起こった小さな変化について共通の質問をぶつけてみた。今回はオーセンティックな中にもポップな感性をスタリングに取り込む、片貝俊さんが登場。

—片貝さんは野球をご覧になりますか?

片貝:父親がプロ野球選手だったんで、高校まで野球をやってたんです。でも二世は辛かったですよー(笑)。「あいつの親父、あれだから」って周囲の期待が膨らむ中で、そんなに上手くならなくて。打てないし、野球の硬球って当たると痛いから怖いし(笑)。だから洋服も好きだったので、野球の道はあきらめました。父親が中日だったので、一応観てましたけど、どちらかといえば高校野球の方が熱心に観たかもしれないですね。

—MLBの公式選手用キャップ、通称オーセンティックキャップが、全てNew Era®の『59FIFTY®』だということはご存知でした?

片貝:なんとなくは知ってましたけど、全球団がそうなんだってことはむしろ今回初めて知りました。

—New Era®が販売しているオーセンティックキャップは、レプリカではなく選手と全く同じものなんだそうです。そして2017年シーズンからは、MLB全球団のオーセンティックキャップの左サイドにNew Era®のフラッグロゴが入ったのですが、気づいていましたか?

片貝:いや。知らなかったですね。というか、選手用もこのまんまなんですね。確か日本のプロ野球の帽子は、選手が被っているのと売っているのは全然違うはずで、もっとスポーツ用になっているんですけどね。こういうところがアメリカだなあ。いや、びっくりしました。

LE_M3036

—『59FIFTY®』について質問です。サイズアジャスターがないこのキャップを初めて目にした時の感想は?

片貝:やっぱりデザイン的にカッコいいと思いますよ、ちょっとボリュームがあって。でも…正直アジャスターはあった方が便利ですよね。New Era®は結構サイズが細かくあると思いますけど、自分のサイズを見つけるのって難しいし。でも、後ろから見た時カッコイイ。そういうことを含めての“デザイン”なんですよね。

—New Era®のオーセンティックキャップをファッションに取り入れる上で、何かポイントはありますか?

片貝:僕の中ではまだ少し先入観があって、ラッパーの人とかが被っているイメージも残っているんです。だからこそ、そういう雰囲気が出ないような服装も面白いんじゃないかと思いますね。この帽子があえて馴染まないくらいの格好というか。

—本日被って頂いたボストン・レッドソックスのオーセンティックキャップは、どうして選ばれました?

片貝:見た目のユニークさですね。レッドソックスってこんな可愛いモチーフだったんだっていう。僕はこういうモチーフものは結構好きなので、嬉しい誤算ですね。でもやっぱり被り易さで言えばヤンキースですかね。ネイビーベースに白という配色なので、特に日本人のファッションには合わせやすいんですよね。

LE_M3042

片貝俊さんが被ったNew Era®の『59FIFTY®』

New Era® 『59FIFTY®』 ボストン・レッドソックス:5,500円 + 税

New Era® 『59FIFTY®』 ボストン・レッドソックス:5,500円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。