米原康正のプロデュースするショップ「もしもしカワイイ原宿」が3月15日(木)にオープン。

by Mastered編集部

今や世界中が注目する様々なカルチャーの発信地である原宿に、よねちゃんこと米原康正のプロデュースするショップ「もしもしカワイイ原宿」が2012年3月15日(木)オープンとなる。
セントラルアパート、竹の子族やホコ天バンド、そして裏原宿。東京独自のカルチャーはいつの時代にも原宿から生み出されてきたと言っても過言ではないだろう。そんなカルチャーのるつぼ原宿を拠点に活動を行い、日本はもちろん海外にて絶大な人気を誇る米原康正が竹下通りに外国人観光客向けのお土産屋をプロデュース。ショップ名のとおり「カワイイ」一色に染められた店内は、原宿を代表する青文字系モデルの祭典『HARAJUKU KAWAII!!!』とのコラボレーションによるもの。カットソーやバッグの布ものに加え、小物にお菓子、マフラー、手袋、靴下などのファッションアイテムまでもが「カワイイ」の基本コンセプトの元に一挙集結するとのこと。

ショップという1つの空間に現在のジャパニーズカルチャーが落とし込まれた日本を代表する新名所となることは間違いないだろう。一度実際に足を運び、体感してみる事をオススメしたい。

moshimoshikawaii

お問い合わせ先

もしもしカワイイ原宿

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-16-11 五三九ビル2FMAP
Tel:03-6434-0038
営業時間:10:00〜20:00
http://www.moshikawa.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。