柄本佑の監督短編作品『ムーンライト下落合』が1週間限定で劇場公開

by Keita Miki

俳優である柄本佑が監督を務めた短編作品『ムーンライト下落合』が、11月11日(土)より、渋谷ユーロスペースにて1週間限定で上映される。

原作は劇団東京乾電池に所属する作家、加藤一浩による短編戯曲。ひとつの部屋のなかで、深夜の数時間を過ごす男ふたりによる会話劇となる。

これまでにも何本か短編映画をつくってきた柄本佑が原作戯曲を気に入り、映画化を決意したのだそう。ふたりの登場人物を演じるのは、柄本と以前から親交があり、柄本の尊敬する俳優でもある加瀬亮と宇野祥平だ。

また、スタッフには俳優で同じく監督作もある森岡龍や、柄本主演映画『きみの鳥はうたえる』(2018年公開予定)監督の三宅唱、撮影の四宮秀俊などが参加。

初日には監督と出演者による上映後トークショーを予定している他、期間中は監督の過去作の上映や、ゲストを呼んでのトークなど、連日イベントを開催予定とのことなので、お楽しみに。

【ムーンライト下落合】
2017年11月11日(土)より、ユーロスペースにて1週間限定レイトショー(連日イベントあり)
監督・脚色・編集:柄本佑
脚本:加藤一浩
撮影:四宮秀俊
照明応援:竹本勝幸、蟻正恭子
録音:魚野智生
整音・効果:黄永昌
助監督:三宅唱、森岡龍
製作:柄本佑 松井宏
制作:佛木雅彦
タイトルデザイン:可児優
劇中曲:Trio los Panchos「RAYITO DE LUNA」
出演:加瀬亮、宇野祥平
©Tasuku EMOTO
http://www.eurospace.co.jp

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。