来週開催されるニューヨーク・ファッションウィークにて、『モンクレール』がまた新ラインを発表するそうです。

by Mastered編集部

先日、『ビズビム(visvim)』の中村ヒロキ氏を迎えてスタートさせる新ライン「モンクレール ブイ(MONCLER V)』を初披露した『モンクレール』。

現在はジャンバティスタ・ヴァリが手掛けている『ガム・ルージュ(Gamme Rouge)』を皮切りに、トム ブラウンが手掛ける『ガム・ブルー(Gamme Bleu)』、2010年春夏からは『サカイ(sacai)』のデザイナー阿部千登勢氏による『モンクレール エス(MONCLER S)』と、着実にラインの拡大を図っているプレミアムダウンブランドが、来週開催されるニューヨーク・ファッションウィークにて、さらなる新ラインを発表するそうです。

この新ラインのブランド名は『モンクレール グルノーブル(Moncler Grenoble)』。1952年にモンクレールを創設したフランスの村名から名付けられ、スキーウェアとタウンユースのアイテムがラインナップされるんだとか。
そして、こちらの新ラインは、上記のラインとは異なりデザイナーなどは明かされてないようなので、デザインテームが手掛けることになりそうです。

それにしても、インラインに加えて 5つのラインを展開するなんて、勢いがありますね。しかも、今季のアドキャンペーンはブルース・ウェーバーが撮影しているんですから、ブランドとしての底力を感じさせられます。

[via:WWD]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。