「ミラン・ヴィクミロビッチ フォー トラサルディ1911」が家具のラインをスタート

by Mastered編集部

trussardi-1911-furniture-01
かつてジル・サンダーのクリエイティブディレクターや、ディン・バン(dinh van)のデザインも手掛けた経験のあるミラン・ヴィクミロビッチ(Milan Vukmirovic)がデザイナーをつとめる新生ブランド「トラサルディ1911(Trussardi 1911)」が、家具のラインをスタートさせるようです。

トラサルディは、1911年の創業以来「洗練と気品の高さ」、「シンプルでいてモダン」をコンセプトに、皮製品や洋服などクオリティの高い商品を世に送り出してきたイタリアの老舗ブランドなため、今回提案されるインテリア類もかなり高級な雰囲気。
デザインもミニマルで、スクエアを意識したアイテムが多く見られます。

価格はまだ明かされていないようですが、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)やこの度家具のラインをスタートさせたマルタンマルジェラ(Martin Margiela)同様、高価なことが予想されます。

trussardi-1911-furniture-02trussardi-1911-furniture-03

[via:SELECTISM]

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。