玉城ティナがモデルに。蜷川実花が切り取るteamLab Borderlessの世界

by Mastered編集部

フォトエキシビション『Mika Ninagawa @ teamLab Borderless』が、12月18日(火)より、ラフォーレ ミュージアム原宿で開催される。

お台場のデジタルアートミュージアム、MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderlessの来場者数が100万人を突破したことを記念し、開催される運びとなった今回のエキシビジョン。

会場では、蜷川実花がteamLab Borderlessの空間を切り撮った作品と、蜷川のミューズ的存在である玉城ティナをモデルに、teamLab Borderlessで撮影した作品、あわせて21作品が展示される。

12月11日(火)には、特設サイトにて、一足先に蜷川実花の撮り下ろし写真が公開されるそうだ。また、会期中には会場でしか手に入らない特製ブックレットZINE『Mika Ninagawa @ teamLab Borderless』限定1,000冊(非売品・先着順)も配布されるとのこと。

teamLabと蜷川実花のコラボレーションを、この機会にぜひともチェックしてみて欲しい。

Mika Ninagawa @ teamLab Borderless

開催日時:2018年12月18日(火)~12月22日(土) 11:00~21:00
開催会場:ラフォーレミュージアム原宿
東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階
会期中無休
入場無料
https://borderless-special-laforet.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。